日記・コラム・つぶやき

2017年6月29日 (木)

新・元号

いよいよ「平成」も残り少ないことになってまいりました。私が考えた新しい元号は「日安(にちあん)」である。日本安泰に依っておりまする。 なんでも明治のM、昭和のS、大正のT、平成のHとアルファベットがだぶらないよう配慮されているということだが、「N」がいいかもしれん?候補はあ行、な行、ら行?

2017年6月26日 (月)

寒いぞ

とにかく6月の夏に入っても寒いのにはまいる。さすがにストーブはしまったままだが、暖をとりたくなるほどしんどい思いだ。どうみても異常だ。ポールシフトに関係しているのか?あるいは黒魔術・妖術のたぐいなのか?だとしたらこんどは暑さ攻撃でくるだろうな。暑さと寒さでへばるわい。とにかく今はわしはこの寒さには怒りを覚えるくらい、いいかげんにしろよと破壊的になりそうだ。とにかく寒いのにはまいっている。

2017年6月21日 (水)

影流とは

影流とは、敵である相手の力と同化吸収して自分のものにするために、影の如く寄り添いへばりついて、ついには相手の寝首をかいて終息するという戦術である。これは自分より格上の者に対して用いるものである。

2017年6月 5日 (月)

家計学園獣医学部不認可へ

文部大臣も日本のFBIは全くやる気がないし、総理・官房もとぼけるだけで、家計学園獣医学部は不認可ということになりそうだ。 かわりに京都産業大学に認可することになりそうだ。

2017年5月25日 (木)

ついに結着!?「識堂神髄篇」

魔天狗文部省日本に明日はない。例えば高校野球、高校総体などは魔天狗の介入干渉悪戯するところとなっている。ましてやプロ野球読売ジャイアンツ出来レースで民をコントロールしている愚行にいたってはあきれかえるばかりである。NHK(日本放送協会)や日本テレビなどテレビ局・新聞社を中心とした恣意性の高い日本語になじんでいては何も見えてこないだろう。とにかく闇の首魁一派には俺の事しか頭にないのだ。これを世人が周知すればまさに世の中激変するだろう。秋田高校陣営は私を本荘高校の大黒柱?(うまい表現がない)と見立てているが、肝心の本荘はどうかというと私よりも村岡(秋高の手先)に傾倒しているのが現状であろう。それゆえ私は本高の○○というものではなく、ひとつの霊団の総帥であるとみたほうがいいだろう。高校に執着されると全国的負担を強いられるのは明らかでそれらは本荘陣営にひとくくりにされ、私はやっかいなお荷物を抱え込んでしまうことになる。わかるかね。それはたとえば、俺の気に入らん銘柄・読売巨人軍に大量に自銘柄人間が運用されていたりすると極めて不快な展開となるように決して奴等は自分の「運」を使わないで効率的に漁夫の利を得ようとしているわけなのである。すなわち闇の首魁一派は私には挨拶もせず金も払うこともなくかってに事を進めることができるということなのだ。わかるかね。

2017年5月12日 (金)

動物霊の襲撃?

睡眠中、なんの前触れもなく突然「グワッー」ときて驚いて目が覚めた。それは狸のような犬のような、なんだかわからん獣の獰猛なツラだった。なんなんだコイツは?誰かに取り付いている動物霊ではないか?

動物霊とは 該当動物が死んで動物霊になるわけではない よくある誤解がこれです。みなさん動物霊って動物霊の狐だったら、動物の狐が死んでなると思っています。確かに人が未練を残して死んだら地縛霊になるように、動物霊についても同様のことと思われることでしょう。 確かに、動物が死んでそれが浮かばれずに浮遊霊や地縛霊のように残ることもありますが、それはむしろ動物霊とは呼ばれません。 そもそも動物霊の狐、つまり化け狐などは有名だし、数も多い。でも野生の狐ってそんなに多いのでしょうか? 動物園にでも狐はあまりいませんよね。結構動物の狐ってなじみがないものです。 なのに動物霊としての狐は多い。それが現実です。つまり生き物としての動物と動物霊というのは姿は一緒でも全く違うということです。

■動物霊■

2017年5月 6日 (土)

教育の神吉田松陰への反逆


ボク本当に悔しいです。あの【偉大なるおっちゃん】の子供ではなかったので、マジで涙が出て泣けましゅ。

。ヤッター!ボクがメインだった大河ドラマ第17回放送が最低視聴率11%だ!ヤッタヤッタ、ヒトケタでなくて残念だけどとにかくうれし泣きでしゅ。

★その子孫に教育の神・吉田松陰を処刑させた人物になれて名誉でしゅ。秋高横校創価学会も安倍晋三も大感激大喜びでした。「郷土の偉人吉田松陰を死刑にしてくれた者の先祖役を見事にこなす寺田氏が気に入った。毎年花を見る会に招待してやるぞ、オシッコたらすなよ」と安倍晋三は寺田心が大好き~ナンデス。

2017年4月24日 (月)

夢界伝 その3

それは覚えのある道路だった。うしろから「おはようございまーす」誰だと思ったら寺田心だった。先生にいってるような挨拶だ。父親でもなんでもないわしは師匠?にされたのか。わしはとにかくちゃっちゃい寺田心の頭をなでながら「無理すんなよ」といってやった。 するとこころが「ボク死にます」と呟いた。巨人ファンのこころに頼られても、わしを師匠にするようでは巨人は勝てんやろ。■ある日、電話がかかってきた。しばらくなにもいわずにいる、すると微かな声で「こんにちわー」といってきた。寺田心の声に聞こえたのは気のせいか。

2017年4月 9日 (日)

マスコミ芸能界に警告

誰や、わしの子供を産んでマスコミ芸能人に仕立て上げたのは?!ツラ出さんかい!「出てコイヤー!」 たとえわしの子でなくとも、わしの名(権威・ブランド)をかぶせてしまわれると偽者でもわしの子として通ってしまうからやっかいなのだ。これを容認するテレビ局等マスコミを処罰してもらわんことには全く話にならん。

2017年4月 5日 (水)

魔天狗の呪い

魔天狗に目をつけられたら普通の人間は助からんだろう。戦後の日本はそういう魔界の気線が横溢していてやっかいなことになっているらしい。そもそもプロ野球は戦前より存在していたわけだが、やたら巨人野球をおしつけてきた感はいなめないだろう。これこそ魔天狗連中の所業だ。高校スポーツにしても野球、武道等まさに魔天狗の介入するところとみざるをえない。わしはこういう魔天狗の領域ともいうべき事案にわしの意に反して引きずり込まれたわけだが今思えばきわめてアホらしい戦いであった。とにかく文部省とテレビ局・新聞社は魔天狗の支配下におさめられているといっても過言ではないだろう。魔天狗の相手をさせられるハメになった私だが、究極奥儀に到達したこともあって、もはや魔天狗の興じるところの事案からは離れつつある。ともあれ魔天狗日本に明るい未来があるとは思えない。――じゃ、よろしゅう。
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30