学問・資格

2017年9月16日 (土)

正極負極第3極論

文部省の高校二極化競争推進策はメリットよりもデメリットのほうが大きいといわざるをえない。譬えるなら本荘陣営を「正極高校群」とし、秋田陣営を「負極高校群」、大学付属高校を「第3極高校群」とするのがおれどんの大枠のとらえ方だが、たとえ正極高校群でもおれどんになじめない連中とかナリスマシ・偽者などもいるわけで油断ならないものでござろう。実は正極高校群の者でないと「究極奥儀」は修得できないといっても過言ではないだろう。負極高校群その他はその者のために邪魔したりしていろいろ試練を与えてやる役目かもしれん。じゃ、よろしゅう。

2017年9月 8日 (金)

磐石安泰比率

文部省の高校二極化策を推進するのは問題がある。そもそも本荘陣営を正極とすれば、秋田陣営は負極である。さらに中途半端な大学付属高校は第3極とするのが適当である。だいたいが大学教員自体がこのおれどんを強く意識しているとしか思えん。 俺ドンを本荘の玉体身とみられてもこまるのだが、東大と京大どちらにも合格者を出すのが日本にとってもバランスがよくなる安泰な事案というものである。やっかいなことに本荘は東大ボートを被せられ縛りをかけられてしまっているが、しょせんスポーツ高校体育連盟レベルであり、反本荘陣営の京大阻止の思惑は通用しないものなのだ。それは、東大に向けば東大に重心が傾き、京大にいけば京大に傾くようなものであろう。だから日本は不安定を余儀なくされ、揺れ動くことになる。地震がそのいい例かもしれん。これは秋田高校が日本のバランスを統御できるものではないことを証明している。反本荘陣営からすれば本荘の「ツキ」落とすには好都合なのである。それゆえ東大京大どちらにも合格者を出すのが一番良いわけなのだが、なかなかそうはさせないだろう。そこでおれどんは「ツキ」が落ちないような工夫をしてみた。これはチョー秘伝である。これを知れば能力向上は間違いなしじゃ。知った者は実に幸運というほかはない。おれどんの手下郎党の勢力図派閥なるものを想定してみた。わかりやすくマスコミを代用することにした。 毎日系=45%、朝日30%、産経11%、読売2%、その他12%。ということになった。

■これからは便宜上、本荘高校陣営を「正極高校群」、秋田高校陣営を「負極高校群」と表現させていただく。よろしゅう。

2017年7月21日 (金)

邪道で固まっている日本

秋高横校創価学会とかマスメディアとか国大教員とかその他は、この私を本荘高校の玉体とか総元締めとか黒幕とかその他に見立てているようだが、違和感があるのでそういう見立てはやめるべきだろう。より親近感のあるひとつの霊団の総帥といったほうがより真実に近いだろう。そもそもおたくらが思っているほど執着しているわけではない。というのも高校を通じて赤の他人に(例えば読売ジャイアンツの監督・選手・コーチ・その他)ポロポロと私の「運」がぬすまれてしまうからだ。バガヤローおまえら。これは全国的に及んでいる。こういう展開になってしまったのもすべては魔天狗文部省が高校野球・高校総体で主導する同極高校群としてふたつに分類して煽っているためである。魔天狗の皆さんのマジカルパワーに愚弄されるだけでしかない。これが邪道でなくてなんなのか?気にくわん。断片的ではあるが私が何をいいたいのかわかっただろう。

2017年7月12日 (水)

本荘由利の歴史を学ぼう

米どころ本荘由利の中核都市、本荘市。その歴史は古く、古代には大和朝廷の由利の柵があったとされている。  平安、鎌倉の時代をへて、由利十二頭といわれる戦国ののに終わりを告げる頃、由利一円は最上氏の所領になった。  最上氏の家臣本城豊前守満茂が尾崎山に城を築き城下町を開いたのは慶長17年(1612)のことだった。10年後に最上氏がお家騒動で改易となったため(徳川秀忠の指示か)、それに代わり六郷氏が領主となった。以後明治になるまで江戸期の安定した暮らしが続いた。  昭和29年本荘町は周辺の6村と合併して本荘市として誕生した。

;戊辰戦争における本荘藩


幕末の本荘藩には、服部平右衛門がいました。
服部は勤王派で、彼の意見により本荘藩だけでなく、久保田藩も奥羽越列藩同盟を破棄し、官軍側に寝返ったそうです。
服部はその功績により、従四位が与えられました。
yurihonzyou_041.jpg

本荘は庄内藩に攻められ敗北し、本荘城を自焼し、久保田城へ撤退しました。
本荘城には勤王碑が建っていて、本荘で戦死した66人の官軍側の藩士の名前が刻まれています。

 

2017年4月20日 (木)

わしの師匠を求めて

高卒のわしが学術界から信仰されているのも妙な話だが、そうなると大学は私立よりも国立がいいのかもしれん。大隈の早稲田大学、福沢の慶応大学、新島の同志社大学、西園寺の立命館等々、いずれも日本社会に根ざして学閥を築いているわけだが、わしがこれら創設者の弟子になるのはどうも不都合な感じするわけである。――じゃ、よろしゅう。

 

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30