« 逆鱗抵触ストーリーその8 | トップページ | 逆鱗抵触ストーリーその6 »

2017年3月18日 (土)

逆鱗抵触ストーリーその7

こんな泣きヅラ見せたくねえよ。みっともないったらありゃしねえっしゅ。 ごめんなさい読売ジャイアンツ、みっともない泣きヅラを公にさらけ出してごめんなさい。 読売巨人の最後の顔と同じでしゅ。それにボクの正体はは読売の疫病神なんでしゅ。ほんとうにごめんなさい読売のみなしゃん。命取りになってしまいましたでしゅ。◆涙がでてないのは演技力不足だ。みたところ、寺田心は自分の役柄に不快に思ったんじゃないのか? やる気が感じられんし、役者としてやっていけるとは思えんし芸能界自然消滅引退コースやろ。それにフジテレビが大嫌いになったに違いない。

「屈辱的な演技ばかりさせやがって、くっそ面白くねえフジテレビ。二度とフジテレビには出たくないでしゅ。さいならフジテレビ」寺田心



ホクはヤバイ事をしでかしてしまったでしゅ。ボクはホントに終わりでしゅ、みなしゃん。 ではサイナラ~。

« 逆鱗抵触ストーリーその8 | トップページ | 逆鱗抵触ストーリーその6 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2133508/69965916

この記事へのトラックバック一覧です: 逆鱗抵触ストーリーその7:

« 逆鱗抵触ストーリーその8 | トップページ | 逆鱗抵触ストーリーその6 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31