« 2016夏 | トップページ | セクハラ子役、終わる »

2016年7月31日 (日)

次元を超越したお話

女がわしの子供を産んでマスコミ芸能界に売り渡す?のがいるとすれば、とんでもない事件というもんだろ。わしよりの宗教者あたりが咎めるしかないだろうが、そんな気配もなにもない。とにかくテレビ局などのメディアは挨拶もしないし金も払う気もない卑道な連中だから、日本民はメディアを見る目を培ってもらいたい。読売はなんだかかんだとわしにへばりついてくるが、そもそもマスコミ自体が日本政府の認可制である以上、独立的独断的独占的行動は認められないものだ。だいたい「俺ネタ」なくしては全くたちゆかなくなるのはわかっていることで、それゆえ「ヤクザ脳」で押し切ろうとしているわけなのである。主客転倒であったことは明々白々というもんだろ。

« 2016夏 | トップページ | セクハラ子役、終わる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2133508/66768509

この記事へのトラックバック一覧です: 次元を超越したお話:

« 2016夏 | トップページ | セクハラ子役、終わる »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30