« 不正解 | トップページ | テレビ局の欺瞞性 »

2016年6月30日 (木)

夢界伝 その2

夢に現れた女は、まるでお岩さんだった。顔の半分がこぶなのかただれて無残だ。無事なほうの顔半分はその女が美女であることをとどめていた。歳は10代後半から20代の若い女だ。可愛い女で俺の好みのタイプであった。顔がつぶれていなければ美しい輝きを放つ美貌である。顔の輪郭は桐谷美鈴、松本伊代の感じだが、現実界には存在しないようないい女だ。それからは鋭い冷気(霊気)が伝わってきた。何者か心当たりが全くないが、怨霊なのだろう。

« 不正解 | トップページ | テレビ局の欺瞞性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2133508/66278013

この記事へのトラックバック一覧です: 夢界伝 その2:

« 不正解 | トップページ | テレビ局の欺瞞性 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31